ワンダーコード年長〜小学生

 

ワンダーコードクラスについて

今までの英語教育は、テストや受験に向けてのものが多く、
インプットばかりをする内容になっていました。
親御様の中にも、何年も勉強したのに、「英語が使えない」や「話せない」と感じている方も
たくさんいらっしゃると思います。
それは、アウトプットする場がなかったからです。
ワンダーコードクラスでは、英語を通してプログラミングにチャレンジすることで
子供たちの英語のアウトプットを増やし、記憶の定着を促します。
カリキュラムの詳細は、以下で説明します。

 

ワンダーコードってなに?

 Wonder Codeは、シリコンバレーに本社を置くWonder Workshopとのパートナーシップで生まれた、英語でプログラミングを学び、21世紀型スキルを育むカリキュラムです。

子供たちが大人になる頃には読み書きと同じようにプログラミングが必要だと言われています。IT化やグローバル化がどんどん進む中で、10年後、20年後の社会は今とは全く違ったものになっているでしょう。そんな新しい社会の中で柔軟に対応し、成長していける力が今の子供たちには必要です。Wonder Codeは、そんな新しい時代に対応した「英語×プログラミング」のスキルを育てるカリキュラムになっています。 

〜Wonder Codeのミッション〜​

「英語×プログラミング」で21世紀スキルを育み
子どもたちの未来の可能性を広げる

カリキュラム紹介

ワンダーコードのWonderFun!

​プログラミングの基礎概念から始まり、徐々にプログラミングについて学んでいきます。レッスンはオールイングリッシュで行われますが、子供たちの習熟度に合わせて日本語でのサポートも行っていきますので、わからなくて取り残されてしまうことがありません。レッスン毎にチャレンジという名の応用課題があり、その日に習ったコードを使ってプログラムの練習をします。WonderFunは、1から8までで構成されており、1つのWonderFunを2、3ヶ月のペースで行っていきます。WonderFun毎の最後には、子供たちでチームを組み、ミッションをクリアするためにプログラム作成を仲間たちと一緒に行っていくので、子供たちのクリエイティビティやひらめきが促され、飽きることなく楽しく学べるカリキュラムになっています。

レッスン内容

レッスンは全てオールイングリッシュで行われ、英語のレッスンとプログラミングのレッスンを隔週で交互に行っていきます。ストーリーベースで英語を学ぶため、普段の生活で使える英語表現もたくさん登場します。毎回レッスンの初めには、前回の復習をし、レッスンの終わりにはその日に習ったことをもう一度確認する時間を設けいています。反復学習することで、学習内容が効率的に定着するように組まれたレッスンになっています。

使用教材

レッスンでは、世界中の教育関連の賞を100以上受賞している可愛いロボット「Dash(ダッシュ)」が子供たちの学びのパートナーとなります。子供たちは、タブレット上の専用アプリ「Go」「Path」「Wonder」「Blockly」を使い、様々な方法でDashを動かすことができます。レッスンでは、主に「Blockly」アプリを使い、Dashを動かすためのビジュアルコードを組み立てプログラムを作ります。アプリは、すべて英語表記のため、レッスンで習った英単語や操作方法を理解していなければ、プログラムを組み立てることができません。子供たちは、Dashを操作するためにプログラムを夢中で組むので、自然と英語を認識し覚えていきます。

レッスン情報

対象:年長〜小学6年生

入会金:¥11000(税込)

月謝:¥12000(税込)
※レッスン料、教材費・ロボット&タブレット使用料込み

​週1回:60分レッスン
※レッスンスケジュールについてはお問合せください